TOP ブログ 掲示板(BBS)

■ ZB年表
 1974年  1975年  1976年  1977年  1978年  1979年  1980年  1981年  1982年  
 
1977年
  • 1月、新春コンサート。

  • 2月、初のベスト・アルバム『ずうとるび すとうりぃ』リリース。
    デビュー3周年を記念したベスト・アルバム。EMIからのリリースだったが、エレック時代の曲が中心。
  • デビュー3周年記念コンサート

  • 4月、“哀愁学園PART5〜君よ不死鳥のように”に今村良樹が単独出演。特攻隊をテーマとしたドラマで、ヨシキは、哀愁学園3作で死ぬことに。
    同時期に、山田隆夫(ドラマ“ちちんぷいぷい”)、新井康弘(ドラマ“乱塾時代・子育て合戦")、江藤博利(クイズ番組“やすきよのびっくらドン!”)と個々の活動も盛んに。

  • 4〜5月、スプリングコンサート。

  • 4月、山田隆夫が婚約とグループ卒業を発表。

  • 5月、12thシングル「明日の花嫁さん」リリース。

  • 5月、「月刊明星」7月号誌面にて、新メンバー募集を告知。
    書類選考を経て、6月23日、東芝銀座セブンにて、オーディション。1,752名の応募者の中から2名に絞られる。

  • 6月、ドラマ「岸辺のアルバム」(TBS)に新井康弘が出演。
    国広富之のデビュー作であり、新井はその親友役。ハッピーエンドで終わらない“辛口ホームドラマ”という新ジャンルを確立した革新的な作品で、日本のドマラ史に残る名作として知られる。

  • 6月、レモンパイとのジョイントコンサート“みかんとレモンのダイナマイトパーティー”開催。
    レモンパイ:1975年、ずうとるびの弟分としてエレックレコードよりデビュー。エレック倒産後は、コロムビアに移籍。
  • 7月、7thアルバム『明日の花嫁さん/ビバ・ジャパン77』リリース。

  • 7月、新メンバーが池田善彦に決定。“時間だよ!アイドル登場”にてお披露目。

  • 8〜9月、山田隆夫さよならコンサート。日比谷野外音楽堂(9/25)を最後に、山田隆夫が卒業。

  • 9月、山田隆夫卒業記念アルバム『ずうとるび すとうりぃ ぱあと2』リリース。

  • 10月、池田善彦を加えた新生ずうとるび第1弾シングル「青春のひらめき」リリース。
    同時に、東京12チャンネル(現:テレビ東京)にて、“三波伸介の凸凹大学校”がスタート。歌のタイトルを絵で当てる“エスチャー”コーナーで、何を描いても四足になる江藤のユニークな画風が評判となる。

  • 11月、ファンクラブ・バスツアーで富士見ランドへ。

  • 12月、14thシングル「止めるならいまのうち」リリース。
 









▲5月:「明星」(77年7月号)で新メンバー募集。(クリックすると拡大)

▲6月:東芝銀座セブンで行われた新メンバー審査会で、1752名の応募者の中から2名に絞られる。(クリックすると拡大します)

▲7月:新メンバー決定!!池田くんファストショット!!(クリックすると拡大します)


▲8月:山田隆夫さよなら公演スタート。新メンバーも帯同。


▲9月:日比谷野音コンサートで、新生ずうとるびスタート!


▲“哀愁学園〜君よ不死鳥のように”。特攻隊員のヨシキ!

▲みかんとレモンのダイナマイトパーティー(クリックすると拡大します)

▲三波伸介の凸凹大学校での江藤くん。元祖“きりん”です!!(クリックすると拡大します)


▲この年のファンクラブ・バスツアーは、富士見ランドでフィールドアスレチックでした!!

当サイト運営に当たっては、山田隆夫・新井康弘・今村良樹・江藤博利・池田善彦 各氏からご承認いただいています。